心と体

パワーストーンが割れた時は。

パワーストーンの力が極端に弱まると、急になくなったり、割れたりすることがありますので、そのようなことにならないために、こまめに浄化を行うことが最も良い方法です。

また、石と持ち主の相性が良くない場合にも、このような現象が起こることがあるそうです。

また、持ち主の運気を上げるためには、その石だけでは力不足である場合もあります。このような場合は、パワーストーンを買い足すこともおすすめです。

また、複数のパワーストーンを、同じ袋に入れて持つ場合は、石同士がぶつかって傷付かないように、コットンや柔らかい布などを詰めて、石が動かないように、袋の口をしっかりと閉じて下さい。

オパール、フローライト、アズライト、真珠などは、割れやすかったり、柔らかかったりする石なので、特に注意が必要となります。

ただし、落として割れてしまった場合などは、これから何か悪いことが起こるのではないか、と心配されるかもしれませんが、特に気にすることはありません。

石があなたの身代わりとなって割れたのだと思い、それまでの感謝の気持ちを忘れないで、処分しましょう。どうしても手放せない人は、パワーストーンとして力は期待できませんが、布などに包んであげて、そばに置いておいても良いです。

パワーストーンを処分する場合は、「今までありがとう」と感謝の気持ちを込めて、自然に返してあげましょう。土に埋めたり、川に流したりするのが、石にとっても一番良い方法です。

| | コメント (57)

「干支石」とパワーストーンの関係

自分と相性の合った干支石を身に付けることで、運気がよりアップすると言われていますが、実は、日本では古くから占いを行う際に、干支は重要な要素として用いられてきました、

・「子(ねずみ)」に当てはまる石は、シトリンです。富と商売繁盛を招き、仕事運と健康運を上げてくれます。

・「丑(うし)」は、真珠とムーンストーンです。真珠は、邪気を払って、悪霊から守ってくれると言われています。また、想像力を上げるパワーも持っています。ムーンストーンは、豊かな感受性と直感力を育みます。さらに、恋人たちが、愛と希望を養って、幸福をつかめると伝えられています。

・「寅(とら)」は、タイガーアイで、集中力と洞察力を向上させ、金運に効果的だと言われています。

・「卯(うさぎ)」は、ネフライトで、勝負運と仕事運に効果的で、目標が見つからない時に、心を癒し、勇気を与えてくれると言われています。

・「辰(たつ)」は、カーネリアンとガーネットです。カーネリアンは、邪気と嫉妬を追い払うと言われています。ガーネットは、成功運を上げ、忍耐力を与えて、勝利へと導きます。

・「巳(へび)」は、オニキスとヘマタイトで、精神をリラックスさせて、潜在能力を養います。ヘマタイトは、「身代わり石」と呼ばれ、危険から身を守ってくれと伝えられています。また、ストレス解消にも効果的です。

・「午(うま)」は、ルビーで、深く情熱的な愛情に恵まれて、勝利を得ることができるそうです。

・「未(ひつじ)」は、ロードクロサイトで、恋愛運を向上させ、心の傷を癒します。

・「申(さる)」は、水晶とオパールです。水晶は、邪気を追い払い、とても大きなパワーをもっていると言われています。オパールは、「愛」のシンボルとして、恋愛運を向上させます。

・「酉(とり)」は、ブルーレースメノウで、チベットでは古くから、「神の石」として崇拝されていました。また、健康運、幸運、金運を向上させるパワーをもっています。

・「戌(いぬ)」は、ラピスラズリで、不安や邪気を取り除き、幸運を導くと言われています。

・「亥(いのしし)」は、ローズクォーツで、女性的な魅力を高めて、安定した結婚生活をもたらすと言われています。

| | コメント (0)

「愛光堂」はどこに?

沖縄と自由が丘にあるパワーストーンを扱う「愛光堂」は超人気店ですが、特に、オーダーメイドのブレスレットは、予約が取れないほどの大人気だそうです。

ブレスレットの値段は、使用する石にもよりますが、3,000円くらいから作ってもらえるそうです。

パワーストーンは、石それぞれに個性をもっていて、パワーの強さや性質も違ってきます。

また、パワーストーンのパワーが大きすぎて、体調を崩してしまう人もいます。

その点、愛光堂では、お店の人とよく相談しながら作ってもらえるので、自分と一番相性の良い石に出会えると思います。

最近では、多くの有名人が、愛光堂でブレスレットを作ってもらっているようですが、雑誌、テレビ、本などでも、パワーストーンに関する情報が多く入ってくるようになり、スピリチュアルな印象を与えています。

そして、インターネット通販などで、簡単に手に入るようになりました。

愛光堂では、パワーストーンのブレスレットだけではなく、ネックレスやストラップなども取り扱っています。

初めての人は、ブレスレットを作ってもらって、それが馴染んできたら、少し高価なネックレスやストラップを手に入れてみるのも良いですね。

愛光堂は、効果のあるパワーストーンのブレスレットを作ってくれると、多くのメディアで注目されています。

愛光堂は、ホームページを一応もっていますが、営業時間や予約に関する注意事項が書かれているだけです。

もちろん、ブログなどありません。それでも予約が殺到するほどの人気店になったということは、愛光堂で購入して、そのパワーを実感した人などが、その効果を広めたということなのですね。

| | コメント (0)

アクセサリーに「パワー」はあるの?

身に付ける部分によって、パワーストーンのアクセサリーは、発揮するパワーが違ってきますが、また、その身に付ける部分によっては、精神のバランスを整えたり、気の流れを促進したりする効果もあるそうです。

これは、石のもつパワーが、体の中にあるツボや気の流れを刺激して、共鳴するからだと言われています。

それでは、アクセサリー別のパワーストーンの効果を紹介します。

・「イヤリング」や「ピアス」は、頭をすっきりとさせ、直感力や的確な判断力を養います。

・「ネックレス」は、心を落ち着かせて、気力を与えます。首元に付ければ、コミュニケーション能力と自己表現能力を向上させる効果があります。胸の上辺りに付ければ、ハートが強くなると言われ、願い事を叶えるのに最適だそうです。

・「ブレスレット」は、パワーストーンから、パワーをもらったり、ネガティブなエネルギーを退けたりするのに最適です。それは、気というのは、手のひらや手首から入ってくると言われているからです。

・「リング」は、魔除けのパワーを発揮すると考えられています。また、リングが、手のツボを刺激することによって、エネルギーを体全体に送るそうです。

さらに、はめる指によっても、そのパワーは違ってきますが、たとえば、親指の右手は、リーダーシップを発揮し、周囲の人に影響を与えたい時に効果的です。

左手は、目標を成し遂げたい時に効果的です。そのほかの指も、発揮するパワーはそれぞれ違います。

石のもつパワーのみならず、アクセサリーが招くパワーを考慮しながら、お気に入りの洋服とコーディネイトするのも楽しいですね。

| | コメント (0)

カットすると「パワーストーン」は?

天然石は、カットされたり、磨かれたりすることで、そのパワーが新しく生まれ変わるそうです。

お店で売られているパワーストーンや天然石は、原石だけでなく、さまざまな形のものがあると思います。

そして、お守りとして、アクセサリーとして、お部屋の装飾として、いろいろなカットを施され、きれいに磨かれたものなどが売られています。

・「原石」は、大自然の中で培われたエネルギーが、そのまま石に宿っていると言われています。

原石がおすすめなのは、自然のパワーを感じたい方です。

・「クラスター」は、群晶を作っている原石のことを言います。浄化の作用が大変優れていると言われています。

・「球体」は、限りない広がりと「完全」の象徴とされています。パワーを、どの方向へも放つ効果があるそうです。

・「ハート型」は、優しく心を癒し喜びを与え、周囲の人々を思いやる気持ちを育てます。恋愛運を向上させるパワーも持っています。

・「ピラミッド型」は、宇宙と深く関わりのある形だと考えられています。

心と体のバランスを安定させ、潜在能力をアップさせる力があります。

ピラミッドの先端は、宇宙からのエネルギーが集まると言われています。

・「タマゴ型」は、生命の復活や生まれ変わりを象徴している形です。そのため、新しい生活を始めたい人におすすめです。

・「勾玉」は、“太陽と月”そして“陰と陽”という、2つのエネルギーが重なった形を現しています。

古来より、魔除けや運気を上げるお守りとして用いられてきました。

このように、パワーストーンの形は、その石のもつパワーに相乗作用を生み出します。

自分の願望に応じて、パワーストーンの形も厳選してみてくださいね。

| | コメント (0)

「11月と12月」の誕生石について

「11月と12月」の誕生石をご紹介します。

・11月の誕生石「トパーズ」は、輝きを与えてくれるパワーストーンです。

トパーズを身に付けていると、持ち主の評価が上がり、仕事面で力を発揮する効果があるようです。

また、幸せを呼び寄せ、金運を招くと言われています。

この石は、パワーストーンの中でも、最も多くの力をもたらすと言われています。

そのため、身に付けていると、悲しみや不幸を追い払い、勇気と知性を高めてくれるそうです。

また、昔は、首にかけていると、呪いを跳ね除けると考えられていました。

トパーズは、日本でも採取することができる鉱物ですが、宝石として持つのなら、やはりブラジル産などの海外で産出されたものが良質です。

一般的な色合いは、少し赤みがかったイエローで、最も価値の高いものは、ピンク色のトパーズだそうです。

・12月の誕生石「ターコイズ」は、鮮やかなブルーが、空の色を連想させ、運気を向上させる傾向があると言われています。

ターコイズは、別名「トルコ石」とも呼ばれています。

その昔、トルコを経由して、イランからヨーロッパに持ち込まれたそうです。

そして、フランス語で「トルコの石」を意味する「ピール・ターコイズ」と名付けられたそうです。

古くからヨーロッパでは、とても重宝されており、色に変化が現れたり、割れたりすると、災難や不幸を持ち主に知らせたり、ターコイズが身代わりとなったりした、という話も残っています。

「ラピスラズリ」は、主に、アフガニスタンで産出されます。

より青色が濃くて、色むらが少ないものほど、高く評価されます。

ラピスラズリは、水晶と並んで、数あるパワーストーンの中で、最も古くて強い力をもつ石です。邪気を追い払う強いパワーがあると信じられ、世界各地で、さまざまな儀式に使用されていたそうです。

| | コメント (0)

「9月と10月」の誕生石について

「9月と10月」の誕生石についてご紹介します。

・9月の誕生石「サファイア」は、洗練と知性の象徴とされています。

そして、持ち主に、知性と冷静な判断力を授け、邪気や不幸から守ってくれるパワーがあるそうです。

また、芸術や美しさの意識が高まるので、洗練された美しさを求めるときに、サファイアを身に付けると良いです。

古くは、サファイアは、危害や恨みから王や君主を守護し、最高の石として、聖職者の指輪に用いられていました。

サファイアは、「コランダム」という鉱物で、ルビーの仲間です。

「コランダム」の語源は、タミール語の「kurundam」と、サンスクリット語の「kuruvinda」によるもので、どちらの言葉も「ルビー」を意味します。

サファイアは、一般的に青色ですが、中でも、カシミール地方で産出される、濁りがなく透き通った青色の「コーンフラワーブルー」のサファイアは、非常に価値の高いものだと言われています。

・10月の誕生石「オパール」は、内部に水分を含んでいるので、とてもみずみずしいことから、アンチエイジングの効果があると言われています。

また、オパールを身に付けることで、美しく愛があふれた人になれるそうです。

古代の人々は、オパールには、魔術のようなパワーが宿っていると信じていたそうです。また、その美しく輝く姿から、希望の象徴とされ、幸せを導くお守りとして崇められていたそうです。

オパールには、直感力や霊的なパワーを高める効果があると言われています。

昔は、眼の病気の治療として用いられていたこともあります。

また、視力低下を回復させ、血液や心臓、肺に起こった不調を改善させる力があると信じられてきました。

| | コメント (0)

「7月と8月」の誕生石について

「7月と8月」の誕生石についてご紹介します。

・7月の誕生石「ルビー」は、世界各地で、古くから、強力なお守りとされてきました。

持ち主を、さまざまな邪気から守ってくれると言われています。

一説によると、危険が持ち主に迫っていると、ルビーの色があせてきて、そのことを持ち主に伝えるそうです。

「ルビー」の名前の由来は、ラテン語で「赤」を意味する「ruber」です。

ルビーは、「コランダム」という鉱物です。赤色のコランダムをルビー、青色のコランダムをサファイアと呼んでいます。

また、ビルマの人々は、ルビーを持っていると、不治の命を授かることができると信じ、とても大切にしていました。

・8月の誕生石「ペリドット」は、円満な家庭を築いたり、肉体の疲労を回復させたり、怒りや嫉妬を静めたりするパワーがあります。

また、ペリドットのもつオリーブグリーンの鮮やかな色は、光をいざない、心を明るく元気にしてくれます。

「ペリドット」の語源は、フランス語の「peridot」に由来します。

英国では、「peridota」や「peridote」という名前で呼ばれていた時代もありました。

古代の人は、ペリドットを「太陽の宝石」と呼び、悪霊を撃退し、魔力を解くパワーがあると信じてきました。

「ペリドット」とは、鉱物学での名前は、「オリビン」や「カンラン石」です。ヨーロッパにおいては、バロック時代に、非常に人気がありました。

また、キャッツアイ効果のある「ペリドットキャッツアイ」と、スター効果のある「スターペリドット」は、大変珍しく、希少価値があります。

| | コメント (0)

「5月と6月」の誕生石について

「5月と6月」の誕生石をご紹介します。

・5月の誕生石「エメラルド」は、優れたヒーリングの効果を期待できるそうです。

球状にカットされ磨かれた、エメラルド球は、異性を魅惑するパワーを発揮すると言われています。あなたに恋愛チャンスを与え、失恋の傷を癒してくえる効果があるそうです。

エメラルドの原石は、多くの場合、くもりが入っています。

そのため、より透明なものが、価値が高いとされています。

また、くもりが入っているものでも、深い緑をしているエメラルドは、比較的評価が高くなります。

「ヒスイ」は、成長、繁栄、成功をサポートする効果があるそうです。

特に、仕事面での成功を願うお守りとして用いられています。

ヒスイの色は、一般的にはグリーンですが、ブラウン、ホワイト、イエロー、パープルなど、さまざまな色のものもあります。

品質の高いものは、「ジェイダイト」と呼ばれる、ミャンマー産の半透明エメラルドグリーンのものです。

・6月の誕生石「ムーンストーン」は、恋愛運や結婚運、旅のお守りとして用いられています。

また、ムーンストーンは、月の女神を象徴し、女性の魅力を高めてくれるそうです。

さらに、恋愛面での願いを叶えてくれると言われており、恋人同士がムーンストーンを1つずつ身に付けていると、2人の絆が強くなるそうです。

古くから、世界各地で、ムーンストーンを身に付けていると、幸福を招くと信じられていました。

インドでは、神聖な石として、崇拝されている地域が多くあります。

| | コメント (0)

「3月と4月」の誕生石について

「3月と4月」の誕生石についてご紹介します。

・3月の誕生石「アクアマリン」は、疲れきった心を回復し、気持ちを落ち着かせ、心を安定させるパワーをもっています。

ストレスを解消し人間関係を良くするのに効果的なパワーストーンともいえるでしょう。

また、アクアマリンは、免疫の働きを整えて、アレルギーなどを緩和させたり、遠視や近視などを回復へ導いたりする効果も期待できるそうです。

「アクアマリン」の語源は、「海水」を意味するラテン語で、中世においては、アクアマリンを身に付けることで、直感力や感受性を授かると信じられていました。

また、口にアクアマリンを1つ含むと、悪魔を地獄から呼び出すことができ、どのような質問でも、悪魔に答えさせられると伝えられていました。

そして、神様にこれを捧げると、悪魔を打ち倒すパワーを授かると信じられていたそうです。

アクアマリンは、船乗りのお守りとして使用されています。

品質として、最も評価の高いものは、ダークブルーのものです。

また、成長線が多数あるものは、カットによって、キャッツアイ効果やスター効果のアステリズムを持つ場合もあります。

・4月の誕生石「ダイヤモンド」は、肉体的、精神的に大きなパワーを与えます。ダイヤモンドは、身に付けていると、自信がもてるようになり、秘めた才能が現れ、目標を達成させるためにサポートしてくれます。

ダイヤモンドの語源は、ギリシャ語の「adamant」です。

ダイヤモンドは、自然界の中で、最も硬度が高い鉱物で、宝石の中でも、最も硬い宝石とされています。

ところが、衝撃にはあまり強くなく、一定の方向から衝撃を与えると、割れてしまうこともあります。

ダイヤモンドは、一般的には、無色透明ですが、ピンク、ブルー、グリーン、イエローなどの色合いのダイヤモンドもあります。原石はほとんど光沢がありません。

ダイヤモンドは、カットされることで、その美しい輝きを現す鉱物なのです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

心と体 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味