« 「パワーストーン」にも付き合い方があります。 | トップページ | 「1月と2月」の誕生石について。 »

「誕生石」について・・・。

パワーストーンなど、自分の誕生石を身に付けていると、たくさんの幸せを招くパワーがあると言われていますが、あなたは「自分の誕生石」を知っていますか?

誕生石に関して、古くは、旧約聖書「出エジプト記」に示されている、ユダヤ教の祭司は胸当てとして、イスラエルの12個の宝石をはめ込んでいた、という説があります。

また、新約聖書「ヨハネ黙示録」では、聖なる都の新エルサレムの城壁にある、12の土台に装飾された宝石の順番である、という説もあります。

そのほかにも、さまざまな説があります。

現在用いられている一般的な誕生石は、1912年に、アメリカの宝石小売商組合が、協議により制定したものを基準としています。

パワーストーンや天然石の中から、誕生石を“守護石”として、いつも身に付けていると、災難から逃れることができたり、幸運を手に入れたりすることができる、と考えられています。

守護石や魔除けのために、天然石を身に付けることは、古くから行われてきました。

また、昔から、生まれ月が、その人の人生を決めるということも言われてきました。

これらのことが結びついたことで、誕生石ができたとも言われています。

また、紀元前に、ユダヤ人たちが西洋占星術を考え出し、夜空に輝く満点の星を、神秘的な天然石になぞらえて、天然石を占星術の十二宮に配分して、それを元として誕生した人の守護石としました。それが、誕生石の始まりとも考えられています。

一般的に、誕生石は、自分の生まれた月の誕生石を、いつも身に付けるのが効果的だと言われていますが、月が変わるたびに、その月の誕生石に代えて身に付ける方法もあります。

|

« 「パワーストーン」にも付き合い方があります。 | トップページ | 「1月と2月」の誕生石について。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パワーストーン」にも付き合い方があります。 | トップページ | 「1月と2月」の誕生石について。 »