« 「水晶・クリスタル」の形(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」のインクルージョン(1) »

「水晶・クリスタル」の形(2)

続いて、今回も「水晶・クリスタル」の形について ご紹介します。

「ハーキマーダイアモンド」とは、ニューヨーク州ハーキマーで産出される水晶で、岩石の小さな空洞の中で育ちます。

ダイヤモンドのように、とても透明度が高く、強く美しい輝きを放つことから、「ハーキマーダイアモンド」と呼ばれています。

この水晶が育つ空洞には、タール状の黒っぽい有機物が付着しており、これを内包しているハーキマー水晶も多いです。

・「両錘」は、「ダブルターミネーテッド」とも呼ばれ、結晶両側に頂点をもつものを指します。

母岩に付随せず、妨げなく結晶が成長できる空間をもっていると、頂点が両側にできるようです。

・「ファーデン水晶」は、糸のような筋が、水晶内に入っています。多くのファーデン水晶は、中心にある筋を境にして、結晶が左右対称に形成されており、この筋を起点として、結晶が成長したと言われています。

・「エレスチャル」は、「スケルタス水晶(骸骨水晶)」とも呼ばれます。

この水晶の特徴は、内部に幾何学的な模様の層がたくさん重なって見える点です。

また、層と層の間に、空間のあるものもあって、水分が入っているエレスチャル水晶もまれにあります。

・「キャンドルクオーツ」とは、マダガスカル産のミルキークオーツによく見られ、大きな1つの結晶の柱面を囲むようにして、小さな結晶が発達しているもののことです。

この形状が、ロウソクのロウが垂れたときの状態に見えることから、「キャンドルクオーツ」という愛称が付けられました。

カテドラル水晶と柱面が似た形状の場合もありますが、キャンドルクオーツには、1つの芯となる部分があります。

また、錘面の形状が、カテドラル水晶の方が複雑ですが、逆に、柱面の形状は、多くの場合、キャンドルクオーツの方が複雑です。

|

« 「水晶・クリスタル」の形(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」のインクルージョン(1) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「水晶・クリスタル」の形(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」のインクルージョン(1) »