« 「パワーストーンのケア」はどのようにしたら? | トップページ | 「浄化できないパワーストーン」もあります。 »

パワーストーンのケア・「洗う」方法

人に個性があるのと同じように、パワーストーンも個性をもっていますが、パワーストーンにも、汚れやすいもの、水に強いものや弱いもの、疲れやすいものなど、1つ1つ違った特徴があるのです。

そのため、それぞれに合った手入れ方法を行うことで、そのパワーストーンのエネルギーやパワーがより引き出されるのです。

それでは、パワーストーンの洗い方を紹介します。

水晶のように、水で洗うのを好むパワーストーンは、汚れを流水で丁寧に落とします。

次は、水で洗う際に、注意が必要なパワーストーン(アメジスト、カーネリアン、ガーネット、ジェード、マラカイト、サファイア、ローズクォーツなど)の洗い方です。

鉄分を含んだパワーストーンは、水にさらされると、錆びてしまう場合があります。

水で洗う際は、水にさっと通す程度にして、すぐに水分を柔らかい布やタオルで拭き取ってください。

その後は、自然乾燥させてください。

水で洗うことのできないパワーストーン(アズライト、エンジェライト、ラピスラズリ、マラカイト、ターコイズなど)もあります。

これらは、水に浸けると、変色したり、溶けたりする場合があるので、表面に付いた汚れなどは、水を使わずに、柔らかい布などで丁寧に拭き取るようにしてください。

「ターコイズ」は、鉄分を含んだパワーストーンで、さらに、水に浸けると水分を吸収し、変色してしまう場合があるので、水では洗わないでください。

また、「エンジェライト」は、柔らかくて水に弱い石で、水で洗うと色あせてしまいます。

「セレナイト」は、水で洗うと溶けてしまうので気をつけてください。

そのほかにも、極端にモース硬度が低い(柔らかい)ものは、水で洗うと、溶けてしまったり、色あせたり、輝きを失ったりすることがあります。

|

« 「パワーストーンのケア」はどのようにしたら? | トップページ | 「浄化できないパワーストーン」もあります。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パワーストーンのケア」はどのようにしたら? | トップページ | 「浄化できないパワーストーン」もあります。 »