« 「浄化できないパワーストーン」もあります。 | トップページ | パワーストーンの「日光浴、月光浴、煙、アロマによる浄化」 »

パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」

パワーストーンの浄化には、水、パワーストーン、煙、アロマ、塩、日光浴、月光浴などを利用して行う方法などと様々な方法があります。

今回は、その中でも水、パワーストーン、塩を使用する浄化方法を紹介します。

「水」による浄化は、水に強い水晶などのパワーストーンに行うのが適しています。

パワーストーンを器に入れて、数時間水道水を細く出して浄化します。

または、両手でパワーストーンを包み、気持ち良く感じられるまで、水を数分間流し続ける方法もあります。浄化ができたら、自然乾燥させてください。

次は、「パワーストーン」を使って浄化する方法です。

この方法は、水による浄化ができないパワーストーンに行いましょう。

「アメジストクラスター」は、鉄粒子が含まれており、それが邪気を浄化してくるので、パワーストーンのマイナスエネルギーを1日で浄化することができます。

浄化させたいパワーストーンを、アメジストクラスターの前や上に、長期間そのまま置いても良いです。

「ヘマタイト」も鉄粒子を含み、マイナスエネルギーを浄化するパワーをもっています。浄化方法は、器に小さなヘマタイトを3、4粒入れて、その中へ、浄化させたいパワーストーンを埋め込みます。浄化させたいパワーストーンが少し見えていても構いません。

浄化に使用するヘマタイトは、磁性をもたない天然のものを使ってください。

「塩」による浄化は、水に天然塩を溶かして、その中へパワーストーンを一晩浸けておくという方法です。水を嫌う石には、天然塩を容器に山盛りにして、その上に石を置いたり、塩の中に埋めたりして、一昼夜置きます。浄化した後は、塩分を十分洗い流して、柔らかい布で拭き乾かしてください。

ただし、塩で浄化する際は、注意が必要となります。塩の中に、パワーストーンを入れると、塩に含まれる成分によって、化学反応を起こすものもあり、パワーストーンが浸食して輝きを失ってしまうことがあります。

よく確認してから行いましょう。

|

« 「浄化できないパワーストーン」もあります。 | トップページ | パワーストーンの「日光浴、月光浴、煙、アロマによる浄化」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「浄化できないパワーストーン」もあります。 | トップページ | パワーストーンの「日光浴、月光浴、煙、アロマによる浄化」 »