« パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 | トップページ | パワーストーンの「パワー」のチャージは? »

パワーストーンの「日光浴、月光浴、煙、アロマによる浄化」

「日光浴」によるパワーストーンの浄化方法は、午前中の太陽の光に10分~30分くらいが丁度良いです。

パワーストーンに、直接太陽光が当たらなくても、窓際など日差しの入る場所に置いても効果は十分得られます。

水晶などの透明の素材は、レンズ効果によって、発火する危険性があるので注意してください。

また、パワー不足を極端に感じる場合は、数日間浄化を繰り返してください。

色あせる性質の石もあるので、日光浴を長時間行うのは避けてください。

「月光浴」による浄化もあります。

月光浴は、月の気をパワーストーンが吸収して、輝きとパワーを十分取り戻すことができます。

月光が入る窓際に、数時間パワーストーンを置いておけば良いです。

満月に当てるのが最も効果があります。

特に、ムーンストーンやローズクォーツ、トパーズなどが有効です。

「煙」による浄化は、お香や線香を使用する方法がありますが、市販のものは、松脂などの脂の成分によって、パワーストーンの輝きが失われてしまいます。

煙による浄化を行う時は、薫香用の天然ドライハーブを使用すると良いです。

スティック状のドライハーブに火を付けて、手や羽で煙を仰ぎ、パワーストーンにかけるようにしてください。

「アロマ」を使用する浄化は、セージ、ローズマリーシダー、ヤロー、ウッドなど浄化の作用をもつアロマオイルを使って行います。

水やお湯を張ったマグカップなどの容器に、アロマオイルを2、3滴たらし、芳香浴により浄化を行います。

パワーストーンを直接容器に入れるのではなくて、パワーストーンにアロマの香りがかかれば良いです。

|

« パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 | トップページ | パワーストーンの「パワー」のチャージは? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 | トップページ | パワーストーンの「パワー」のチャージは? »