« パワーストーンのケア・「洗う」方法 | トップページ | パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 »

「浄化できないパワーストーン」もあります。

ネガティブなパワーを「パワーストーン」が、極端に受けた場合、なんとなくパワーストーンが軽く感じたり、存在感が薄らいだり、身に付けると身体が疲れやすくなったり、あるいは重たく感じたりします。

このように、ネガティブなエネルギーをパワーストーンが受けたら、それを追い出すために、パワーストーンの浄化を行う必要があります。

そのような状態では、パワーストーン本来の力は発揮しません。

その力を引き出すには、パワーストーンを浄化させる必要があるのです。

ただ、パワーストーンは、古代からのパワーや記憶を積み重ねているので、ネガティブなパワーをもともと持っており、浄化が行えないものも存在します。

そのようなパワーストーンは、自然だけを守るために存在し、人と接することを好まないのです。

パワーストーンは、自然が作り上げたものなので、全てが人の役に立つわけではなく、自然や地球、生命のために働こうとしているものもあります。

人との接触を嫌うパワーストーンも、自然界においては、自分の役割をしっかりと担っているのです。

ところが、採掘する人の中に、そのことを把握している人が少ないので、自然のためだけに存在するパワーストーンを採掘してしまい、実際に、市場に出回っています。

自然を愛し、人との接触を嫌うパワーストーンは、人を自然界との調和を崩す悪者として、人に対して攻撃的になることもあります。

人のもつオーラを壊し、体調を崩してしまう人もいます。

エネルギーにそれほど敏感ではない人でも、体がなぜか重たく感じたり、疲れたりだるくなったり、やる気が起こらなかったりします。

|

« パワーストーンのケア・「洗う」方法 | トップページ | パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーストーンのケア・「洗う」方法 | トップページ | パワーストーンの「水・パワーストーン・塩による浄化法」 »