« 「7月と8月」の誕生石について | トップページ | 「11月と12月」の誕生石について »

「9月と10月」の誕生石について

「9月と10月」の誕生石についてご紹介します。

・9月の誕生石「サファイア」は、洗練と知性の象徴とされています。

そして、持ち主に、知性と冷静な判断力を授け、邪気や不幸から守ってくれるパワーがあるそうです。

また、芸術や美しさの意識が高まるので、洗練された美しさを求めるときに、サファイアを身に付けると良いです。

古くは、サファイアは、危害や恨みから王や君主を守護し、最高の石として、聖職者の指輪に用いられていました。

サファイアは、「コランダム」という鉱物で、ルビーの仲間です。

「コランダム」の語源は、タミール語の「kurundam」と、サンスクリット語の「kuruvinda」によるもので、どちらの言葉も「ルビー」を意味します。

サファイアは、一般的に青色ですが、中でも、カシミール地方で産出される、濁りがなく透き通った青色の「コーンフラワーブルー」のサファイアは、非常に価値の高いものだと言われています。

・10月の誕生石「オパール」は、内部に水分を含んでいるので、とてもみずみずしいことから、アンチエイジングの効果があると言われています。

また、オパールを身に付けることで、美しく愛があふれた人になれるそうです。

古代の人々は、オパールには、魔術のようなパワーが宿っていると信じていたそうです。また、その美しく輝く姿から、希望の象徴とされ、幸せを導くお守りとして崇められていたそうです。

オパールには、直感力や霊的なパワーを高める効果があると言われています。

昔は、眼の病気の治療として用いられていたこともあります。

また、視力低下を回復させ、血液や心臓、肺に起こった不調を改善させる力があると信じられてきました。

|

« 「7月と8月」の誕生石について | トップページ | 「11月と12月」の誕生石について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「7月と8月」の誕生石について | トップページ | 「11月と12月」の誕生石について »