« 「5月と6月」の誕生石について | トップページ | 「9月と10月」の誕生石について »

「7月と8月」の誕生石について

「7月と8月」の誕生石についてご紹介します。

・7月の誕生石「ルビー」は、世界各地で、古くから、強力なお守りとされてきました。

持ち主を、さまざまな邪気から守ってくれると言われています。

一説によると、危険が持ち主に迫っていると、ルビーの色があせてきて、そのことを持ち主に伝えるそうです。

「ルビー」の名前の由来は、ラテン語で「赤」を意味する「ruber」です。

ルビーは、「コランダム」という鉱物です。赤色のコランダムをルビー、青色のコランダムをサファイアと呼んでいます。

また、ビルマの人々は、ルビーを持っていると、不治の命を授かることができると信じ、とても大切にしていました。

・8月の誕生石「ペリドット」は、円満な家庭を築いたり、肉体の疲労を回復させたり、怒りや嫉妬を静めたりするパワーがあります。

また、ペリドットのもつオリーブグリーンの鮮やかな色は、光をいざない、心を明るく元気にしてくれます。

「ペリドット」の語源は、フランス語の「peridot」に由来します。

英国では、「peridota」や「peridote」という名前で呼ばれていた時代もありました。

古代の人は、ペリドットを「太陽の宝石」と呼び、悪霊を撃退し、魔力を解くパワーがあると信じてきました。

「ペリドット」とは、鉱物学での名前は、「オリビン」や「カンラン石」です。ヨーロッパにおいては、バロック時代に、非常に人気がありました。

また、キャッツアイ効果のある「ペリドットキャッツアイ」と、スター効果のある「スターペリドット」は、大変珍しく、希少価値があります。

|

« 「5月と6月」の誕生石について | トップページ | 「9月と10月」の誕生石について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「5月と6月」の誕生石について | トップページ | 「9月と10月」の誕生石について »