« 「水晶・クリスタル」の仲間(2) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(2) »

「水晶・クリスタル」の形(1)

水晶・クリスタルの形にもいろいろありますので、水晶の形ついてご説明しますね。

・「クラスター(群晶)」は、単結晶のクリスタルが集まって、基盤を共通して形成されたものです。さまざまな形をしており、ポイントの大きなものが集まったものや、細くて短いポイントがたくさん集まって、花のような美しい形になったものもあります。

クラスターに光が当たると、各ポイントがお互いに光を反射し合います。

そして、空間を浄化してくれる力があると伝えられており、お部屋や玄関に置いて邪気を払います。

また、他のパワーストーンを浄化する作用もあります。クリスタルが集合して形成されていることから、協力と調和を暗示するので、多くの場合、人や家族が集まる場所に置かれます。

・「ポイント(単結晶)」とは、単結晶、またはクラスターから切り離し、1つの結晶となったものを指します。

一番手に入りやすいものですが、パワーを高めたり、純化したりする力があると言われています。また、ヒーリング効果や集中力を向上させる効果があります。

・「レーザー型」は、細長い水晶の結晶で。中には、その結晶同士を触れ合わせてみると、金属音に似た音色が響くものがあります。

そのことを「シンギングクリスタル」と呼んでいます。

・「レムリア水晶」は、形状はレーザー型に分類されています。

この水晶の特徴は、ほのかなピンク色と、柱面に平行に条線が走っている点です。

通常の水晶にも条線が入っていることもありますが、レムリア水晶は、明瞭に条線が見えます。

・「カテドラル水晶」とは、頂点が階段のように折り重なった形状のもののことです。

“カテドラル”とは、西洋の大聖堂のことを指します。

ゴシック建築で見られる、尖塔がいくつも立ち並び、1つの聖堂となっている様を思い起こさせることから、「カテドラル水晶」と呼ばれるようになったと言われています。

|

« 「水晶・クリスタル」の仲間(2) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(2) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「水晶・クリスタル」の仲間(2) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(2) »