« 「水晶・クリスタル」の仲間(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(1) »

「水晶・クリスタル」の仲間(2)

アメシストとシトリンが混じり合ったものを「アメトリン」と呼びますが、太陽の光に照らすと、同じ結晶内に、紫色と黄色の部分が一緒に入っていることがわかります。

透明度が高く、2色がはっきりと分かれているものは大変貴重です。

「スモーキークォーツ(煙水晶)」は、淡い褐色や暗い褐色の色合いをした水晶のことです。「茶水晶」とも呼ばれています。

水晶中に微量のアルミニウムが含まれており、自然界に存在する放射能を受けたことによって、変色した水晶です。

さらに黒くなって、透明度がなくなったものは「モリオン(黒水晶)」と呼ばれています。

・「タンジェリンクオーツ」は、オレンジの独特の色が、肉体に潜むパワーを呼び起こして、勇気がどんどん沸いてくる水晶です。

表面に鉄分が付着して、それが酸化することによって、この美しいオレンジ色になるようです。

クラスター(群晶)の底の部分や、結晶の屈折した部分を見てみると、一般的な「白水晶」なので、酸化鉄は内部まで覆っているわけではないことがわかります。

そのため、個性的なオレンジ色をしており、レインボーが内部に現れる場合もあり、その味わい深いグラデーションには魅了されます。

・「レモンクオーツ」は、 水晶内にサルファー(硫黄)が混入したことによって、この明るいレモン色を作り出しています。

硬いもので原石を削ると、硫黄のにおいがわずかにします。

「シトリン」の色合いとは異なり、爽やかなレモン色が、清々しい印象を与えます。

|

« 「水晶・クリスタル」の仲間(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(1) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「水晶・クリスタル」の仲間(1) | トップページ | 「水晶・クリスタル」の形(1) »